京都・伏見 手作りのお弁当&お惣菜 やさい・きっちん

京都・伏見の地元野菜や旬のお野菜を使った手作りのお弁当とお惣菜のお店です。
ロケ弁・オリジナル弁当、京都お野菜のお取り寄せも大好評実施中!

ロケ弁・オリジナル弁当

隠れたたけのこの産地『伏見』

京都のたけのこと言えば長岡や洛西のものが有名ですが、水やお酒、お稲荷さんで知られる『伏見』も、古来より上質なたけのこが育つ土壌として認められ、多くの竹林でたけのこが栽培されてきました。

一般的に、たけのこは土から顔を出したところを収穫しますが、京都のたけのこは地中で大きく育てて、地上に出てくる前に『ホリ』と呼ばれる専用の道具で掘り起こします。この収穫方法は、たけのこが空気や光に当たると黒ずんで硬くなったり、えぐみが増すのを防ぎます。
伏見の竹林の土は粘土質で、密閉性が高く豊かな栄養を蓄えるので、たけのこ栽培には最適な環境です。光の届かない土の中の栄養豊富な環境でじっくり育てて、地上に出る前に収穫する京都のたけのこは、白くて柔らかく、えぐみの少ない、
上質で美味しいたけのこです。

丹念に手入れし収穫します

夏に草を刈り、秋に藁を敷き、冬に土入れをし、1年かけて丁寧に手入れされた竹林で、春に美味しいたけのこを収穫します。
白くて柔らかいたけのこは、えぐみが少なく、たけのこの香りと甘みがあります。

美味しい京たけのこを
お召し上がりいただくために

伏見の土と水で丁寧に育てられた、白くて柔らかい、えぐみが少ない京都のたけのこ。中でも希少な『白子』と呼ばれるたけのこは、さらに色白で柔らかく、生でも食べられるほど。まさに『知る人ぞ知る』逸品です。

けれどもそんな上質なたけのこも、収穫してからご家庭で調理されるまでに時間が経ってしまうと、えぐみが増し、硬くなってしまいます。京都のたけのこの本当のおいしさを知っていただくために、採れたての新鮮な状態でお届けしたいという想いから、私たちは早朝から収穫する『朝掘り』を行い、その場で箱詰め・発送しています。
また、収穫したその日のうちにぬかと一緒にゆでたものを真空パックにした『湯がきたけのこ』もご用意しております。『湯がきたけのこ』は皮をむいて茹でる手間が無く、袋から取り出してすぐに調理ができます。

百聞は『一食』に如かず。ぜひ一度、本当においしい京都のたけのこをご賞味ください。
当サイトの『お取り寄せ』からご注文頂けます。

やさい・きっちんのお取り寄せ

たけのこ農家が教える生たけのこの湯がき方

生たけのこの湯がき方